友人のハワイウェディングにサプライズで参加しました。

職場の同期の仲良しが結婚した時の事。新婚旅行を兼ねてのハワイウェディングになったのですが、ご主人側の親戚が少ない事とご両親が病弱で日本でやっても参列できないという状況だったのであえてハワイで二人だけの式を選んだのです。

結局友人のお母さんと妹さんの二人だけは急遽参列する事になったのですが、招待客はゼロ。それを聞いていてもたってもいられなくなり、もう一人の友人と一緒にサプライズで乗り込むことにしました。式はオアフのチャペルで、日時だけはさりげなく事前に確認しておいたのですが、私たちの行動が悟られてはいけないと、国内旅行に行くという設定にしておきました。

友人とは先にハワイ島に行きゴルフを楽しみ、その後オアフへ入りました。時間少し前にチャペルに行くと、ちょうど白い車が到着した所でした。ウェディング会社にビデオ撮影も頼んでいたようです。

友人たちがチャペルに入ったあとにこっそりと二階へ行き、式の様子は見つからないように上から一部始終を見ていました。私も友人も声を殺して泣いていたことは言うまでもありません。全てが終わってチャペルから出た瞬間に私と友人が登場した時の顔!リアクションが心配でしたが、死ぬほど喜んでくれた上に、お母さんからも感謝されて良かったです。

若いころだからこそできた旅だと思います。

小学校からの親友と何度か東南アジアの旅をしました。一番印象深いのがタイからマレーシア、シンガポールを鉄道で横断する旅をしたことです。10日ほどかけて周りました。日本からタイ、シンガポールから日本への航空券と到着日のホテルだけ予約して行きました。後は自分たちで格安ホテルを見つけて泊まるというスタイルです。

最初はタイへ行って観光し、食事は屋台やフードコートなどで食事を取りました。片言の英語で「HOT?」と聞き、辛くないものを選んで食べました。屋台だと1食100円ほどのご飯でも美味しくて大満足でした。

3日ほど楽しんだ後「そろそろ移動する?」と鉄道の予約をして寝台列車でお昼に出発して翌朝マレーシアに着きました。鉄道のスタッフさんがベッドも作ってくれるので快適に過ごすことができました。

フェリーでペナン島へ渡り、2日間楽しみました。その後シンガポールへ移動。シンガポールではおしゃれなお店やカフェがありますが、リトルインディアで独特の雰囲気を味わいました。現在30代後半の私は若いからこそできた旅だなと思います。体力はいったけれど自分たちで全てプランを立てて考えて行動できたのですごく意義深い旅だったと思います。

初めての海外は定番のハワイ!海よりも買い物に夢中

一昔前のことですから、海外旅行といえば、ハワイやグアム、香港などが定番でした。

その中で自分が選んだのはハワイ。知り合いからのんびりできるし、日本語も通じるから初めてにはお勧めだと言われてハワイへ行く事にしました。

いざハワイに到着すると時差ボケがあったり、食べ物がイマイチ美味しくなかったりで期待外れのところがありました。

2日目は多少時差ボケも解消され、オプションツアーも忙しくこなし、そこそこ楽しむことができました。

3日目は朝、ビーチに出てみようということになったのですが、海に入ることもなく早々に引き上げてしまいました。

結局、ハワイに行って一度も海に入ることはありませんでした。

ビーチを引き上げ、ショッピングセンターへ移動、丸一日お買い物をして回りました。

4日目は自由行動だったのですが、ワイキキビーチ界隈のお店をくまなく回り、お買い物をしまくりました。

結局、ハワイでしたことはお買い物です。

今であれば、パンケーキなど美味しいものがありますが、当時はスイーツなどは甘すぎて食べられないので、コンビニのおにぎりとはマクドナルドのハンバーガーなどを食べていました。

ただ、マックのハンバーガーは日本のものより、肉がよりにくにくしくて美味しかったのを覚えています。

また行きたいかと言われると、別にと答えますが、印象は悪くはありませんでした。

買い物三昧でしたが、旅行の楽しみって買い物ですよね。

もし、もう一度ハワイへ行く機会があったら、やっぱり買い物三昧をするのではないかと思っています。