初めての鹿児島訪問と志布志の花火大会の思い出

長崎県に住んでいたものの鹿児島が遠かったために、25年間鹿児島を訪れたことがありませんでした。そのことを妻に伝えたところ、志布志で大きな花火大会があり九州で唯一の三尺玉が上がるために見に行ってみようということになりました。

長崎県から鹿児島県まで車で移動したために6時間かかりました。鹿児島県到着後まずは、天文館でしろくまのアイスを食べました。甘くて冷たくて家族全員満足しました。そして、天文館を歩いていると黒豚しゃぶしゃぶのメニューが目に入りました。価格は高かったもののせっかくだからと店に入りました。

すると、豚肉なのにとろとろしていてあんなに美味しい豚肉を食べたのは初めてでした。天文館を満喫した後、一泊し志布志へ移動しました。志布志の花火大会は、三尺玉を楽しみに行きましたがその他の花火もダイナミックなものでした。そして、フィナーレで三尺玉が上がりました。その大きさは今まで見たことがないほど大きく、ものすごい迫力でした。

帰りも6時間かかったために疲れてしまいましたが、初めての鹿児島訪問はとても満喫したものとなりました。